韓国お土産におすすめの人気調味料!ダシダとヤンニョムは鉄板?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 

韓国料理が好きな人の中には、韓国で食べたあの味が忘れられず自宅で手料理する人も多いはず。

そんな時に欠かせないのが、韓国の調味料。

そこで今回は、韓国のお土産におすすめの調味料をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ダシダ

日本ではいわしやいりこなど魚のだしをよく使いますが、韓国で一般的なのは牛肉だしの「ダシダ」。

スープや炒め物に入れると、味に深みが出る調味料です。

韓国のスーパーでは煮干しダシダやあさりダシダなども売られていて、用途に合わせて購入できます。

ダシダを使う料理には、トックッ(韓国のお雑煮)やカルグクス(韓国のうどん)、野菜の炒め物など。

ダシダは開封して常温で置いておくと色が黒くなって固まってしまいます。

湿気を吸いやすく変質してしまうので、開封後は冷凍庫で保管するのがおすすめ。

お土産には、スティックタイプの使い切りサイズが便利です。

 

ヤンニョム

ヤンニョムとは韓国の合わせ調味料。

甘辛いヤンニョムは、チゲやナムル、冷麺などに使います。また、豚肉に数時間つけ置きすると味がしみておいしい焼き肉に。

通常韓国では各家庭で作られるものですが、スーパーにもいろいろな種類が売られています。

小さいサイズもあるので、複数購入して好みの味を見つけてみるのもおすすめ。

 

コチュジャン

(クリックでAmazon商品ページに飛びます)

日本でも知られている代表的な韓国の調味料。

スンドゥブチゲやタッカルビ、豚肉と野菜の炒め物など幅広い料理に使えます。

唐辛子ベースで作られているので日本人には少し辛いかもしれませんが、苦手な人は砂糖を混ぜて調理すると味が和らぎます。

韓国のスーパーでは、業務用から小さめサイズ、チューブタイプのものまで揃っています。

 

デンジャン

(クリックでAmazon商品ページに飛びます)

デンジャンは日本の味噌に似た調味料ですが、もっと味が強くて深みがあるのが特徴です。

デンジャンを使う料理はデンジャンチゲが一番有名ですが、魚や肉料理に少し加えると臭みが取れるので隠し味としても使われます。

デンジャンは豆が原材料なので、抗がん抗菌効果はもちろんコレストロールの低下も。繊維質が便秘の解消に効果があります。

さらに、デンジャンに含まれる必須脂肪酸が皮膚病や血管疾患を予防する働きをします。デンジャンは栄養が豊富な調味料です。

 

サムジャン

(クリックでAmazon商品ページに飛びます)

サムジャンはお肉と相性の良い調味料。

例えば、サムギョプサルや野菜をサムジャンにつけて食べます。

日本のもろみ味噌のようにそのまま食べられるので、韓国料理のレシピをあまり知らない人へのお土産としてもおすすめ。

 

水あめ

(クリックでAmazon商品ページに飛びます)

韓国料理には、砂糖より水あめがよく使われます。

トッポッキやカルビチムなどに入れると、仕上がりがツヤツヤしてよりおいしそうに見えます。

お肉を寝かす時の保湿剤としても。砂糖の代わりに煮物に使ってもOK。

水あめはトウモロコシのデンプンから作られています。

日本の水あめより柔らかく、調味料として使いやすいです。

液体は重いので、お土産には500gぐらいの小さめサイズがおすすめ。

 

オリゴ糖

こちらも砂糖の代用として使われ、甘みを出す調味料です。

ブドウ糖と果糖を結合させた糖が主原料。カロリーが砂糖より低くダイエットにおすすめ。

さらに、オリゴ糖は腸で分解吸収されないので、腸内の乳酸菌がオリゴ糖を食べて繁殖するそうです。

これによって腸内環境が整い、便秘の解消につながると言われています。

 

アミの塩辛

(クリックでAmazon商品ページに飛びます)

オキアミと呼ばれる小さなエビの塩漬けも、韓国料理には欠かせない調味料です。

とても塩辛いのでそのままでは食べられません。主にスープやキムチ、炒め物などに入れて塩加減を調節します。

スーパーには、プラスチック容器や瓶詰めのものがあります。

腐らないように保存には冷凍庫が便利。冷凍庫に入れておいても固く凍らないので、いつでも必要な分だけ使えます。

 

最後に

特に韓国料理が好きな人へのお土産には、調味料がぴったりです。

日本のスーパーより安く品揃えも豊富なので、きっとお目当ての調味料が見つかるはず。

日本の食卓に取り入れてアレンジしてみるのもおすすめです。

 

スーパーで買えるばらまき用おみやげお勧めは?

徳寿宮と景福宮の衛兵は軍人?彼らの正体とインタビューまとめ!

 

スポンサード リンク