韓国アイドルグループがみんな同じようなのはなぜ?大勢で激しいダンスがK-POP?




この10年ほどの間に、日本でもたくさんの韓国アイドルたちがデビューし、K-POPは私たちにとって身近な存在になりましたね。

K-POPというと、まず「キレのいいダンスパフォーマンス」を思い浮かべるのではないでしょうか。

私が初めてK-POPに関心を持ったのは2005年。当時はソロ歌手も多く活躍しており、ダンス歌手もいればバラード歌手も人気がありました。歌唱力や歌詞の内容も重要視されていた気がします。またグループ歌手の場合、独特な振り付けで各自の魅力がありました。

しかし、近年デビューするK-POPグループというとほとんどが「大勢で激しいダンス」を繰り広げており、ソロ歌手の場合でも多くのバックダンサーを引き連れて、舞台上は同じような見栄えになっています。

K-POP好きならばそれぞれのグループの特徴を把握できるかもしれませんが、J-POPに比べて似たり寄ったりな印象を受けてしまうのは事実です。

今回は、かれこれ13年程韓国アイドルを見てきた私なりに、その理由を考察してみました。

 

スポンサーリンク

 

理由1 個性的=変

一般的に韓国人は周りの目を過剰に気にすると言われていて、皆と同じであることに安心感を得る傾向があります。

私が以前韓国の学生たちに日本語を教えていた時、J-POPが好きな生徒が多かったので、その理由を聞いたことがありました。生徒たちは口を揃えて

「日本の歌手は個性がある。また歌詞も恋愛や友情、希望など様々なテーマがあるが、K-POPは皆見た目も似ているし、歌詞も恋愛系のものばかりだ。」

と話し、また日本のファッションが好きな生徒にその理由を尋ねると、

「日本のファッションは色々な系統があり個性的だ。真似したいけど、韓国で同じような服を着たら周りに後ろ指を指されそう。」

と言うのです。韓国では「個性的=変わってる=変な人」という認識があるのだと感じました。

もし個性的なコンセプトでアイドルを売り出したとしても、大衆にウケない可能性もあるというリスクから、現在売れているアイドルに似た、当たり障りのない方向性でデビューするのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

理由2 一つの成功例に便乗して一攫千金を狙う

韓国人は何かが流行ると、こぞって皆それに飛びつきます。

例として2014年の夏に日本のカルビーと業務提携しているヘテ社から発売され、社会的騒動にもなった「ハニーバターチップ」というお菓子があります。韓国芸能人たちがSNSで写真を載せたことで一気に火が付き、各スーパーやコンビニでは常に品切れ状態で、数か月入荷されない所も多かったとか。

このブームを利用して、インターネットで本来の価格の何倍以上の値段で売る人や、お店で他の食品や商品を買ったおまけとして、ハニーバターチップをプレゼントするなど、商品を利用した、悪用とも言える戦略で、多くの人が踊らされました。

さらに流行に飛びついて一攫千金を狙おうと、あらゆる分野から参入。ハニーバター味の商品が多数発売され、お菓子はもちろんナッツやスルメ、チキンなども出回りました。

ある曲が大ヒットするとそれに似た曲調やテンポ、メロディーの曲を作り、ブームに乗せようとします。

衣装や振り付けなども、見ているこっちが「これは明らかにあのアイドルの真似をしている」と感じてしまうことも多々ある程。

韓国市場ではこのように「成功例を安易に模倣する」という事例が多々見られます。

 

スポンサーリンク

 

理由3 世界を視野に入れたマーケティング戦略

1997年IMF韓国通貨危機での大打撃を受け、韓国はエンターテイメント産業での世界進出に”国家戦略として”取り組むことにしました。

それを受けて、日本ではドラマ「冬のソナタ」が大ヒット!その後の韓流ブームも戦略にのっとったものだったのです。

音楽業界では言語を問わず海外で人気を得るために、歌詞や楽曲ではなく、ダンスや映像など「視覚」で勝負をかけていきました。

もともとビジュアル重視のお国柄、見た目の美しさにこだわるのは韓国の強みでありお家芸です。

こうして東方神起やBIGBANG、Wonder girlsや少女時代などの人気グループが、海外でも注目されるようになり、一糸乱れぬダンスパフォーマンスや誰もが憧れる美脚ダンスなどは世界中をとりこにしました。

さらに近年、いかに大衆ウケするかが大事になり、真似しやすいダンスやキャッチーな歌詞を重視している傾向があります。

アイドルが曲を出す度にポイントダンスを一つ決め、名前を付けたりするのも、大衆が真似できるように意識しているためではないでしょうか。

以前に比べグループの個性が失われ、アイドル類似化に拍車がかかっていると感じます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

主にこの3つの理由から、年々似たようなグループが多くデビューするのでは思います。

現在、韓国語が全く分からない外国人にもK-POPファンが多いのは「韓国アイドルのパフォーマンス力の高さとキャッチーなメロディー」に惹きつけられるからだとか。

個性を重視する欧米諸国の人たちにとって、韓国のアイドルの様に、同じ衣装を着て似た髪形やメイクをするというのが、不思議でもあり魅力的でもあるそうです。

競争の激しいK-POP界で生き残るためには、いかに今大衆が求めているものを追求するかが大事なのかもしれません。

しかし長い間トップクラスにいるグループを見ていると、独自の個性があり信念に近いものが感じられます。これからも時代と共に変化するであろうK-POPから目が離せません!

 

韓国美容界の若きカリスマPONYの結婚のなれそめ!

韓国人が背が高いのはなぜ?女性も身長コンプレックスって本当?

韓国人が肌が綺麗な理由をズバリ解説!生活習慣に秘訣があった!

 

スポンサーリンク