イガンイン(サッカーバレンシア)動画&プレースタイル!身長プロフィールは?




 

サッカーイガンイン

スペインのプレミアリーグに所属するバレンシアCFで活躍するイガンイン選手。

幼少期から誰もが認めるその並外れたサッカーの実力が開花しました。

今回は、イガンイン選手のプロフィールやプレースタイルをご紹介します。

(トップ画像https://sports.news.naver.com)

 

スポンサーリンク

 

イガンイン(サッカー)身長プロフィール

生年月日 2001年2月19日
出身地 仁川広域市
身長 173cm
体重 63kg
家族 父、母、姉2人

少年クラブ 仁川ユナイテッドU-12(2009)
プラインスFC(2011)
バレンシアCF(2011~)
所属 バレンシアCF・メスタージャ(2017~2019)
バレンシアCF(2018~)

 

幼少期に才能が開花

テコンドー道場を運営するイガンイン選手の父は、もともとサッカーの大ファン。

イガンイン選手は生まれてすぐ父からもらったサッカーボールをおもちゃ代わりに遊んでいたそうです。

イガンイン選手の姿が初めて公になったのは、なんと6歳の頃。

2007年韓国放送KBSで放映されたサッカー関連のテレビ番組で華麗なボールさばきやシュートを見せ、話題を集めました。

当時すでに同年代の子どもたちとは次元が違うサッカーの実力を持っており、サッカーの天才と呼ばれました。

 

潜在的な身体能力

9歳の頃には既に高難度の技を自由自在に操っていたそう。イガンイン選手の誇る技術力は、幼少期に既に完成していたと高く評価されています。

当時テレビ番組で行った身体検査では、将来の予想身長が173~174cmという結果に。それを見た両親はがっかりしたとか。

しかし10歳の時に行った心肺持久力測定テストでは、同年代でスポーツの英才と呼ばれる子どもたちの中でも上位0.1%に入ったほど。

イガンイン選手は潜在的な素晴らしい身体能力を兼ね備えていました。

仁川からスペインへ

2009年仁川ユナイテッドのジュニアチームに入団し、さらにサッカーの実力を磨きました。

その後仁川のサッカークラブであるプラインスFCに所属していた2011年1月、イガンイン選手を指導していた監督の紹介でスペインへ渡り、ビジャレアルやバレンシアなどのチームで入団テストを受けることに。

2011年7月、その中でも最も関心を示したバレンシアCFのリザーブチームであるメスタージャに合格。スペイン行きを決意しました。

メスタージャでの活躍

メスタージャに入団したイガンイン選手は、トレント大会とマヨルカ国際サッカー大会に出場しMVPを受賞。

さらに2013年に行われたブルーBBVA大会では4ゴールを決め得点王に輝くなど、素晴らしい活躍を見せました。

特に強豪バルセロナと対決した8強では守備3人をかわしてゴールを決める高度な技術力を見せつけ、現地のマスコミやファンから高い評価を受け話題を集めました。

このような素晴らしい活躍で、多くのビッグクラブからラブコールが寄せられ、これに危機感を抱いたバレンシアは、スペインで暮らすイガンイン選手の家族の生活費まで全額支援するという約束を交わし2013年6月に正式契約。

チームに貢献

2015年にロケタスデマル大会に出場したイガンイン選手は、バレンシアの優勝に大きく貢献しMVPを受賞。

翌2016年にはバレンシア州代表チームに選ばれ、スペイン全国大会に出場。

惜しくもマドリード州との決勝戦では敗れましたが、守備2人をかわしてミドルシュートを放ちゴールを決めたイガンイン選手。チームは見事準優勝を飾りました。

イガンイン選手のこの技術は、多くのファンを魅了しました。

プロ初シーズン

これらの活躍でレアルマドリードからも移籍の交渉が舞い込んできましたが、2017年2月バレンシアCF・メスタージャと2年契約を交わしました。

同年8月には満16歳という年齢で国際青少年サッカー大会COTIF2017U-20に出場。バレンシアU-20を準優勝へ導き、最優秀選手賞を受賞。

同年12月にはデポルティーボ・アラゴン戦後半37分に選手交代で出場、ついにプロデビューを果たしました。

そして2018年5月、サバデルとの試合でプロ初ゴール!

11試合出場1ゴールという成績でプロ初シーズンを終えました。

現地では満17歳に満たない選手をプロの舞台に出場させることはほとんどなく、イガンイン選手に対するチームの厚い信頼と期待が伺えます。

一軍デビューと初ゴール

2018年7月、バレンシアCFと2022年夏までの4年契約を交わし、すぐにバレンシア一軍の訓練に合流しました。

実はイガンイン選手の所属は二軍ですが、訓練は一軍で行うことを契約前に確約されたそう。

そして同月、スイス二部リーグFCローザンヌ・スポルトとの試合に満17歳という年齢で一軍デビュー。ミドルシュートで相手を威圧し、素早い連携パスで攻撃を展開する活躍を見せました。

さらに翌月、ドイツのバイエル・レバークーゼン戦で後半出場し、華麗にヘディンシュートを決めて、見事バレンシア一軍での初ゴールを決めました。

これによりイガンイン選手はバレンシア初となるアジア選手、初の最年少デビューを果たした外国人選手、韓国歴代最年少ヨーロッパ一軍デビュー選手というタイトルを獲得したのです。

一軍契約後の現在

 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

이강인-KANGIN LEE(@kanginleeoficial)님의 공유 게시물님,

そして2019年1月末、正式にバレンシア一軍入りを果たし、背番号は16となりました。

ところが監督の方針で、まだ若くキャリアの浅いイガンイン選手にはほとんど出場の機会を与えられていません。

有能な選手が出場できずベンチ入りしている様子に、現地のマスコミやファンの間でも疑問の声が。

しかし実際に「メッシのような特別な才能がない限り先発出場は現実的に難しい」と言われており、シーズン終盤にはイガンイン選手の出場機会も増えるのではと期待されています。

 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

이강인-KANGIN LEE(@kanginleeoficial)님의 공유 게시물님,

イガンイン選手の公式インスタ↑

チェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

韓国代表チームでの活躍

2017年4月U-18韓国代表チームに選抜されたイガンイン選手は、11月にAFC U-19チャンピオンシップ予選へ出場。ブルネイとの試合で初ゴールを、続く東ティモールとの試合では1ゴール1アシストを記録しました。

2018年5月に行われたトゥーロン国際大会フランス戦では、最年少選手でありながらチームを引っ張る活躍を見せています。

続くトーゴ戦では試合開始わずか3分後に初ゴール。さらにスコットランド戦ではフリーキックでゴールを決めました。

この活躍で、トゥーロン国際大会ベストプレーヤー4位に輝きました。

スポンサーリンク

 

イガンイン(サッカー)プレースタイル

イガンイン選手の強みは、なによりボールを自由自在に扱うテクニック。

鋭いパスで完璧にチャンスを作り出します。また空間を読む能力に長け、隙間に素早く入り込むことも得意。

年齢的にはまだ完全に成長した身体ではないにも関わらず、足首の力が非常に優れ強力なキックを持ち合わせた選手です。

一方、ボールカットや奪取の能力もありますが、決して守備能力が良いとは言えずまだまだ改善の余地があると指摘されています。

さらに、世界的なスターであるメッシやマラドーナのような勢いのあるスピード力は持っていません。

相手選手の守備を追い抜くことはできませんが、そうかといって簡単に追いつかれることもない平均的なスピードだと言われています。

このような守備やスピードが改善されれば、さらに選手として発展できるはずだと多くのファンが期待を寄せています。

 

最後に

イガンイン選手は現在満18歳ですので早ければ2020年東京オリンピックや2022年杭州アジア大会でその雄姿が見られるのではないかと期待されています。

これから数々の大会で出場機会を増やし、サッカーのビッグスターへと成長するに間違いありません。

 

 

【韓国サッカー】
英雄・ソンフンミンの熱愛彼女はアイドル?

アンジョンファンは現在太っちゃった?

パクチソンは現在?カズとの関係は?

 

 

 

スポンサーリンク