韓国プロ野球チームKBOリーグの順位!年俸と日本人選手を紹介!




 

 

1982年に6球団で開幕した韓国プロ野球KBOリーグ。

韓国でも野球に対する関心が非常に高く、多くのファンから人気を集めています。

そこで今回は、KBOリーグの順位と選手の年俸、日本人選手についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

韓国プロ野球チームの順位

全10チームで構成されているKBOリーグ。2018年シーズンの順位は次の通りです。

1位 SKワイバーンズ

SKワイバーンズ

仁川広域市を本拠地として2000年に創設された球団。昨シーズンで4度目の優勝を飾りました。

過去には日本人選手が在籍していたことも。

 

2位 斗山(ドゥサン)ベア−ズ

韓国野球ドゥサンベアーズ

ソウルに本拠地を置き、KBOリーグ開幕当初の1982年創設という歴史ある球団。

これまでの優勝回数は4回で、若年層のファンが多いチームです。

 

3位 韓火(ハンファ)イーグルス

ハンファイーグルス

ハンファグループが親会社の球団で本拠地は大田広域市。

日本のオリックスで活躍し韓国人初のメジャーリーガーとなったパクチャンホ選手や、現在ロサンゼルス・ドジャース所属のリュヒョンジン選手などを輩出した名門球団です。

 

4位 キウム・ヒーローズ(旧ネクセン・ヒーローズ)

ネクセンヒーローズ

2008年に創設された比較的新しい球団で、本拠地ソウルにある高尺スカイドームは韓国初のドーム球場として人気を集めました。

2019年からはキウム証券がスポンサーとなり、球団名を「キウム・ヒーローズ」に変更。

 

5位 起亜(キア)タイガーズ

KIAタイガース

1982年、KBOリーグの開幕とともにスタートした球団。

本拠地は光州広域市で、これまでなんと11回も優勝を飾っている強豪チームです。

 

6位 三星(サムソン)ライオンズ

サムソンライオンズ

大邱広域市を本拠地とする1982年創設の名門チーム。

日本のロッテやジャイアンツでも活躍した韓国を代表する名選手、イスンヨプ選手が所属していたことでも有名な球団です。

 

7位 ロッテジャイアンツ

ロッテジャイアンツ

1982年創設で本拠地は釜山。

歴史の長い球団ですが、これまでの優勝回数はわずか2回。ここ数年の成績はリーグ中・下位にとどまっています。

 

8位 LG ツインズ

LGツインズ

ソウルに本拠地を置くLG ツインズは1982年創設。

KBO開幕当初にできた球団ですが、これまでの優勝回数はたった2回。成績不振で過去には親会社が変更になったことも。

 

9位 KTウィズ

KTウィズ

KBOリーグでは最も新しい球団で、2013年創設。

水原を本拠地とし、2015年シーズンから一軍参加しています。まだそれほど実績はありませんが、今後のチームの成績に期待したい球団です。

 

10位 NCダイノス

NCダイノス

2011年創設で、2019年2月には本拠地に昌原NCパーク馬山野球場が完成。

韓国で最も新しい球場として話題になっています。

 

スポンサーリンク

 

韓国プロ野球チームの年俸は?

韓国プロ野球チームの年俸順位を見ると、1位は日本のオリックスやソフトバンクでも活躍したイデホ選手(ロッテジャイアンツ所属)で25億ウォン(約2億5千万円)。

2位は起亜(キア)タイガーズ所属のヤンヒョンジョン選手で23億ウォン(約2億3千万円)、3位はNCダイノスのヤンウィジ選手で20億ウォン(約2億円)となっています。

日本で最も年俸の高い選手は、巨人の菅野智之選手で6億5千万円。

2位の柳田悠岐選手(ソフトバンク)や3位の坂本勇人選手(巨人)が5億円代ということを考えると、KBOリーグの年俸は日本の半分程度ということが分かります。

 

スポンサーリンク

 

韓国プロ野球チームで活躍した日本人選手は?

過去にはKBOリーグで活躍した日本人選手も。韓国で有名な3人をご紹介します。

門倉 健

日本では中日ドラゴンズでプロデビューし、投手として近鉄バファローズや横浜ベイスターズでも活躍。

2009年に韓国へ渡り、SKワイバーンズと契約。その後2011年に三星(サムソン)ライオンズへ移籍し、日韓プロ通算100勝を果たしました。

 

高津 臣吾

現在東京ヤクルトスワローズの二軍監督を務めている高津臣吾選手は、2008年にウリ・ヒーローズ(現キウム・ヒーローズ)と契約。

18試合に登板し防御率は0.86を記録しましたが、KBOリーグでの活躍はわずか1年限りとなりました。

 

岡本 真或

中日ドラゴンズや西武ライオンズで活躍した岡本真或選手は、2010年にLG ツインズと契約。

抑え投手として16セーブを記録しましたが、韓国での選手生活はこの年限りで終えました。

 

最後に

韓国は日本と同様、野球の人気が高くアジアを率いる野球大国。

これまで数々のメジャーリーガーを輩出し、KBOリーグから世界へと活躍の場を広げる選手も増えています。

今後のKBOリーグの順位や有力選手にもぜひ注目したいですね!

 

【野球】
韓国野球界のイケメン!クジャウクの彼女はあの女優?

ソウルの野球場の広さはドームと同じ?日本の売り子との違いは?

 

スポンサーリンク