チェダビン【フィギュア】インスタ画像!現在は熱愛彼氏とラブラブ?




 

チェダビン

韓国女子フィギュア界の妖精、チェダビン選手。

大きなミスのない着実な演技で自身の記録を次々と更新し、国際大会でもその名が広く知られるようになりました。

今回はチェダビン選手のプロフィールやインスタ画像、熱愛彼氏についてご紹介します。

(トップ画像https://news.naver.comより)

 

スポンサーリンク

 

チェダビンのプロフィールと成績

生年月日 2000年1月19日
出身地 ソウル
身長 158cm
所属 All That Sports

フィギュアとの出会い

5歳の頃、姉について行ってフィギュアスケートを始めたチェダビン選手は韓国のフィギュア女王、キムヨナ選手に憧れてオリンピックを夢見てきました。

子どもの頃から将来の有望選手として注目され、2012年、満12歳という年齢で国家代表選手に選抜。

2013年1月の国内大会、総合選手権で銅メダルを獲得しました。

国際大会へデビュー

チェダビン選手は満13歳でジュニア国際大会へデビューし、2013年9月に開かれたメキシコ大会とその三週間後のベラルーシ大会でそれぞれ5位を記録。

2014年3月にはジュニア世界選手権に出場し、ショート、フリーともに素晴らしい演技を見せ6位に。

エレーナ・ラジオノワ選手やエフゲニア・メドベージェワ選手など名だたるロシア選手たちが表彰台に立ったことを考えると、韓国選手としては好成績を収めました。

このシーズン韓国国内では、会長杯ランキング大会3位、総合選手権4位、全国冬季体育大会女子中等部A組優勝など、常に上位にランクインしました。

ジュニアで頂点へ

チェダビン選手は2015年3月、エストニアで開催されたジュニア世界選手権に出場し総合9位、2年連続トップ10入りを果たしました。

続く4月スロベニアで開かれたトリグラフトロフィージュニア部門では、総合166点で見事優勝。

2位に60点以上の差をつけて堂々の1位に輝きました。

自己最高得点を樹立

満15歳となったチェダビン選手はシニアへの道が開かれましたが、点数が思わしくなくジュニアに残留。

2015年8月ラトビアで開催されたジュニアグランプリ二次大会では、総合168.29点で銅メダルを獲得。

ショート(57.21点)、フリー(111.08点)どちらも自己最高得点を記録しました。

続く9月にはオーストリア開催のジュニアグランプリ四次大会に出場し、総合172.38点で銅メダル獲得。

ショート(57.27点)、フリー(115.11点)はどちらも前月の記録をさらに更新し、韓国ではキムヨナ選手以来初となるジュニアグランプリ二大会連続のメダル獲得となりました。

さらに総合得点が170点を突破したのは、韓国女子シングル選手において3番目という快挙に。

このシーズン韓国国内で開かれた会長杯ランキング大会では、総合168.31点で初優勝。

2016年1月の総合選手権では銀メダルを獲得しました。

シニア世界選手権デビュー

チェダビン選手は、2016年2月台湾で開かれた四大陸選手権へ韓国代表として出場。

総合173.71点という記録で8位にランクインしました。

続く3月アメリカのボストンで開催された2016世界選手権では高熱により状態が整っていませんでしたが、渾身の演技で総合159.92点を記録。結果は14位に終わりました。

チェダビン選手にとってこれがシニア世界選手権のデビュー戦でしたが、本来の実力を発揮できず悔いの残る大会となりました。

自己記録更新と金メダル

2016年8月シーズン最初の大会となるアジアフィギュア杯では、総合160.27点で銀メダルを獲得。

10月開催のスケートカナダでは7位、続く11月NHK杯では9位にランクインしました。

韓国国内では2017年1月総合選手権で4位、2月全国冬季体育大会高等部では優勝を勝ち取りました。

続く四大陸選手権では、総合182.41点という記録で自己記録を更新し5位に。

ついに総合得点180点台入りを果たしました。

2017年2月札幌で開催されたアジア冬季競技大会では、先輩選手の棄権により繰り上げ出場となったチェダビン選手。

ショートで素晴らしい演技を見せ61.30点を記録。

フリーではトリプルサルコウで回転不足判定となりましたが、その他では完璧な演技を披露し自身最高得点となる126.24点を記録。

総合187.74点で見事金メダルを獲得し、本大会では韓国選手として初となる頂点に立ちました。

続く3月フィンランドで開かれた2017世界選手権でも完璧な演技を見せ、ショート(62.66点)、フリー(128.45点)ともに自己記録を更新。

結果は10位でしたが、総合191.11点でついに190点台を突破しました。

成長期と負傷

2017シーズン開幕前、成長期の体型変化に悩まされたチェダビン選手。

フィギュア選手としては大きな障害となる成長期に加え、腰の負傷という悪条件が重なりました。

グランプリ最初の大会となる2017年11月中国杯に出場。

状態が整わない中でも自身の演技に集中し、総合165.99点で9位に。

2018年1月国内大会の総合選手権では総合190.12点で2位を記録。

これにより平昌冬季オリンピックの国家代表選手として出場することが決まりました。

同月台湾で開かれた四大陸選手権でもミスのない素晴らしい演技で総合190.23点、4位に終わりました。

平昌オリンピック

2018年2月に開催された平昌オリンピック団体戦では、完璧な演技で自己記録を更新し65.73点。

個人戦のショートでも67.77点を記録し、またもや自己最高得点をたたき出しました。

フリーでは最初の3ルッツ+3トゥループのコンビネーションで3ルッツの着地が乱れ、続くジャンプを飛べませんでしたが、後半は持ち直し131.49点を記録。

総合199.26点という自己最高得点で7位という結果に。

韓国選手としてはキムヨナ選手を除き、オリンピック最高順位という快挙を成し遂げました。

復帰から現在の様子

平昌オリンピック以降は、成長期によりスケート靴が合わず予定されていたすべての大会を棄権。

その後2019年2月、国内大会である全国冬季体育大会にて約1年ぶりに復帰したチェダビン選手。総合134.45点で銀メダルを獲得しました。

 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

최다빈🎗(@dabin_choi_119)님의 공유 게시물님,

6月にはソウルで開かれたアイスショー「All That スケート2019」に出演し、多くのファンから熱い歓声が送られました。

 

スポンサーリンク

 

現在は熱愛彼氏とラブラブ?

華麗な演技はもちろんその美しい外見からも、男女問わず多くのファンに愛されているチェダビン選手。

そんなチェダビン選手のインスタには熱愛彼氏とのツーショット写真が公開され、さらに注目が集まっています。お相手はチェダビン選手と同じ高麗大学に通うアイスホッケー選手、イムスヒョン選手。

長身でイケメンのイムスヒョン選手はチェダビン選手ととてもお似合いで、ファンからはお祝いのメッセージが次々と。色違いのアイスホッケーのユニフォームを着たチェダビン選手とイムスヒョン選手のラブラブな様子が伺えます。

※その後これらのラブラブ画像は削除されました。もしかしたら破局したのかもしれません・・・

一方で、イムスヒョン選手のインスタは残念ながら非公開になっています。

 

最後に

高難度の技術を次々と成功させ、安定的な演技を見せるチェダビン選手。

キムヨナ選手の次世代を担う韓国女子フィギュア選手として、大きな期待が寄せられています。

成績はもちろん私生活にも注目したいですね!

 

キムヨナ現在の熱愛彼氏と結婚情報!今のインスタ画像で整形疑惑を検証!

2018.09.23

韓国イケメンスポーツ選手!サッカー・野球・バレー界のオルチャンは?

2019.05.07

韓国美女スポーツ選手!かわいい&美人アスリートがオリンピックで活躍?

2019.06.08

スポンサーリンク