王子様をオトせ!あらすじ・キャスト!感想は台湾ドラマの王道?




 

王子様をオトせ!

台湾の大人気歌手にして俳優のアーロンとパフ・クオ共演作。

ツンデレ王子と普通女子の同居生活を描いた王道ラブコメディです!

キャスト、あらすじ、感想、みどころをまとめました。

 

スポンサーリンク

 

基本情報とキャスト一覧

全30話

U-NEXT全39話

視聴率 不明

放送年度2013年6月から台湾で放送

演出:グォ・チュンフィ

脚本:チャン・チーエン/リー・ジェユー

【チー・イー役】アーロン

【チェン・リャンリャン役】パフ・クオ

【ディーン役】ディーン・フジオカ

【ティン・ジャーユ役】ライラ・リン

【プリンセス役】アシー

【ケイト役】キャサリン・ワン

本作は台湾での視聴率1位となり、「ベストカップル賞」や「視聴者が選ぶドラマ賞」を獲得した大人気ドラマです。

このドラマの演出・脚本家が再びアーロンさんとタッグを組んでドラマ『恋にオチて!俺×オレ』も作られました。

 

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

ヒロインのチェン・リャンリャンはデザイン会社で働くOLです。

ある朝、リャンリャンの独り暮らしの家に若い男が乗り込んで来て「この家を買い取ったから出て行ってくれ!」と言ってきます。

そんなことを突然言われても、家賃も3か月分先払いしてるし出て行かない!と断言するリャンリャン。

しかし、会社に出社するとその男が社長として登場したのです。

これにより2人のおかしな同居生活が始まったのですが、リャンリャンの家の大家にして、会社の社長でもあるチー・イーは仕事の鬼にして潔癖症!

会社でもいきなり恋愛禁止令を発令するなどカタブツな人物で、社員たちは恋愛禁止令をなんとかやめさせるべく画策します。

そして、チー・イーに恋愛させれば禁止令も無くなるだろうと、様々な手で彼を攻略しようとするのですが…。

そんな中で、得意先から出向してきたチー・イーの旧友ディーンがさらに事態を複雑にして行くのでした。

主人公とヒロインが訳ありの同居生活をすることになる定番のラブコメディ!そこにディーン・フジオカさんが恋のライバルとして絡んできます。

 

スポンサーリンク

 

みどころ

台湾ドラマの王道を行くようなラブコメ作品がこれ!

5年前の作品ですが台湾ドラマの中で未だに人気が高い作品です。アーロンさんの変わらない人気もありますが、パフ・クオさんも非常に人気が高く、ドラマ内でのファッションやメイクも話題となりました。

現在大人気となったディーン・フジオカさんがメインキャストで出演しているのも大きいですが、出演者の人気に支えられただけのミーハーな作品ではなく、ドラマ自体もとても優秀な作品だと思います。

恋愛禁止令を解くために、禁止令を出した社長に恋愛をさせる!ということから始まりますが、そこは予想通り本当の恋愛に発展して行くとう定番の流れです。

韓国ドラマのようなドロドロ展開にもならず、いい意味での普通のラブコメ作品がこのドラマだと思います。

 

スポンサーリンク

 

感想と評価・評判

本作は、アーロンさんがラブコメに挑戦し新たな一面を見せた作品です。

この作品のなかでもクールな社長を演じていますが、パフ・クオさん演じるキュートで明るいリャンリャンとのやり取りでは、ツンデレぶりも発揮し、”男女が奇妙な縁から同居する”という定番ラブコメ設定の面白さを再度実感した作品となりました。

パフ・クオさんは夏菜さんや本田翼さんに似ているとも言われますが、韓国女優さんにはあまりいないタイプだと思います。

ショートカットが良く似合う、日本人好みの女優さんではないでしょうか。

まとめ:男女同居生活コメディはありきたりだけどやっぱり面白い!と思わせてくれた作品でした。

最後に

このドラマで主人公の恋のライバル役として出演しているディーン・フジオカさんは、この作品の放送年の2013年にはすでに台湾で成功していました。

2004年には香港で芸能活動を開始し、2006年に拠点を台湾に移します。それまでにすでに映画で主演もしていましたし、台湾でも映画にドラマと大活躍します。

このドラマが放送されていた年には日本でも活動を開始していたので、皆さんが想像する”ディーン・フジオカ”が見れますよ!

 

スポンサーリンク