恋にオチて!俺×オレ 感想とあらすじ!アーロンの一人二役必見!




 

今度のアーロンは1人2役!別人に成り済ました自分が恋のライバルになるという奇妙なトライアングル・ラブコメディです。

キャスト一覧と、視聴率、あらすじ、みどころ、感想などをまとめました。

 

スポンサーリンク

 

基本情報とキャスト一覧

全20話

U-NEXT全32話

平均視聴率1.55%

最高視聴率2.58% 

放送年度2014年4月から台湾で放送

演出:グォ・チュンフィ

脚本:チャン・チーエン/リー・ジェユー

【ルー・ティエンシン/シャオルー役】アーロン

【タオ・ロースー役】ティア・リー

【レオ役】ジャック・リー

【ミャウミャウ役】キャサリン・ワン

【ガイシェン役】ヤン・ミンウェイ

【ランス役】ガオ・インシュエン

【リー・ホワンホワン役】ファン・ジーヨウ

【フーじい役】チェン・ボージョン

『王子様をオトせ!』の演出・脚本家が再びアーロンさんとタッグを組んだ作品です!

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

“広告業界の王子”と呼ばれるルー・ティエンシンはクールでやり手の広告マンで「ティエンジー広告」のCEOでもあります。

ティエンシンは俺様タイプな男ですが、実は犬猿の仲である同業のタオ・ロースーの兄に憧れています。

そんな彼がある日突然3ヶ月の休暇をとると言い出し、優しく穏やかな性格のシャオルーとなって倒産寸前の広告会社「OZ広告」に入社することに。

そこで彼は会社の危機を救い、会社を経営するタオ・ロースーにも気に入られます。

ロースーはシャオルーがティエンシンだとは気付かず、彼のことが気になり始めるのでした。

ツンデレ俺様タイプと、癒し系年下男子を演じ分けたアーロンさんの熱演に注目!

 

スポンサーリンク

みどころ

元々犬猿の仲であるロースーの前に、正反対の性格のシャオルーとして現れ、彼女の危機を救っていくという物語りはかなりマンガチックですが、一度見始めると目が離せなくなります!

別人に成り済まし、本楽の自分の悪口を聞かされたり、自分が恋のライバルとなるおかしな三角関係はとても新鮮なものでした。

お互いに好き同士だった幼馴染みに、大人になって再会したら気付かれないというパターンや、韓国ドラマ『ヒーラー』のような正体を隠した自分との三角関係というのはありますが、ただ変装しただけで気付かれないというのは、あまりに単純ですがとても面白いものでした!

どの段階でロースーがティエンシンとシャオルーの関係に気付くのか?

ティエンシンがロースーとOZを守る理由とは?

ラブコメディでありながら切ない物語もあり素直に楽しめる作品でした。

 

スポンサーリンク

感想と評価・評判

ティエンシンの姿では、ロースーに対してキツいことを言いながらも、実はロースーを思っての苦言のようでもあり、俺様キャラを演じているようで見ていて切なくてたまりません。

そして、シャオルーとなってロースーを励ましたり、ロースーからも頼られたりと、同じ自分でありながら片方だけ好かれるのにも見ていて可愛そうになります。

ティエンシンとシャオルー、2人を合わせて本当の自分だと言えない苦しさを知っている分、後半になって正体がロースーにバレてからはそれまでと違った別の緊張感があり、単純なラブコメに見えて実は人間の多面性を描いた作品であることもわかります。

前半はラブコメとして凄く楽しい作品で、後半は台湾ドラマとしては珍しい展開になります。韓国ドラマっぽいといえば分かりやすいかもしれませんが、この展開は予想外で好みが分かれるかもしれません。

まとめ:アーロンさんが1人2役をすることで、その魅力が2倍楽しめる作品になっているといえます。

最後に

アーロンさんの魅力は勿論ですか、ティア・リーさんもこの作品を見て凄く好きになりました。彫りが深いのに童顔という顔立ちは”ビビアン・スー”さんに似ているとの評されたのにも納得で、日本でも人気の出そうなお顔立ちだと思います。

 

→恋にオチて!俺×オレの動画を見るならどこでみるのがお得?

 

スポンサーリンク