秒速5センチメートルは鬱になる?感想・評価・考察&あらすじ!




 

秒速5センチメートル

『君の名は。』の新海誠監督による第3作目の劇場公開作品。

男女の時間と距離による変化を描いた短編3話の連作アニメーション映画です。

 

スポンサーリンク

 

基本情報

U-NEXT62分 見放題

単館上映でありながら半年に及ぶロングランを記録

公開年度2007年3月から日本で公開

監督、脚本、製作総指揮:新海誠

声優

【遠野貴樹(遠野高樹)役】水橋研二

【篠原明里(しのはらあかり)役】近藤好美

【澄田花苗(すみだかなえ)役】花村怜美

【水野理紗役】水野理紗(みずのりさ)

本作は『君の名は。』で240億円を越える大ヒットを記録した新海誠監督による作品です。

監督の前2作よりは規模が大きくなってはいますが、原作や脚本は勿論のこと、絵コンテ、演出、キャラクター原案、美術監督など、主だったことはほぼ一人でこなしています。

 

タイトルの意味は?

タイトルが意味するものは、”桜の花びら(または雪)が舞い落ちる速度”。

あらすじ

この物語は1990年代前半ごろの東京の小学校から始まります。

「桜花抄」では、遠野高樹と篠原明里に共通点が多いことから仲良くなるものの、明里が小学校卒業と同時に栃木に引っ越してしまいます。

その後も二人は文通を重ねるようになり・・・。

「コスモナウト」では、1999年の鹿児島を舞台とし、高校3年生の澄田花苗が主人公。

花苗は、中学2年の春に東京から転校してきたクラスメイトに恋をしていながら想いを伝えることなく卒業を間近にしていました。

趣味のサーフィンでもスランプに陥っていたものの、何度も挑み遂に波の上に立つことが出来たのです。

これを機会に彼に想いを告げようと決め・・・。

「秒速5センチメートル」では、東京で社会人となった貴樹の今を描いています。

貴樹は何か高みを目指そうとは思いながら、その何かがわからず、ただひたすら仕事に終われる日々を過ごしていました。

3年付き合った彼女にも別れを告げられ、自分が彼女に向き合ってなかったことに気付かされるのでした。

貴樹は今もただ1人の女性を追いかけ続けていたのです。

実写より実写のような映像美と、切なくて儚いストーリーに涙することでしょう。

 

スポンサーリンク

 

みどころ

新海誠監督の前2作はSFアニメであったので、そういう作風の人だと思っていたのですが、ここに来てSF要素を一切廃した日常のアニメーションとなっています。

この作品以前から既に注目を集めてはいたのですが、本作で一般的にも広く認知されることになりました。

何はともあれ”絵がとても綺麗”ですね!

綺麗と一言でいっても、色々なタイプの綺麗があると思うのですが、新海作品は背景がメインなんじゃないか?と思うくらいの懲りようと、美しさがあるんですね。

写真や映像で見るのとはまた違う、美しい景色や自然現象がそこにはあるんです!

特に雪や雨、桜の花びらといった”降ってくるもの”の描き方が素晴らしく、実写以上に実写なんじゃないか、と思うほど。

この綺麗さは、ジブリやディズニー作品には無いもので、この綺麗さを見ると”新海作品”と気付くほど。

そこに切なくてノルタルジックな物語が合わさることで、この映画は作られています。

『君の名は。』のようなエンターテイメント性や、盛り上がりなどはない淡々と進む物語なんですが、一旦物語に引き込まれれば何度でも見たくなる作品になると思います!

 

スポンサーリンク

 

鑑賞後は鬱になる?感想・評価・考察

個人的には新海誠作品の最高傑作だと思っています!

この作品と比べると『君の名は。』は軽すぎる印象で、2回目を見ようとは思いませんでした。

出会いと別れ、そして喪失感、本当の意味での別れを描いた作品で、男性目線の作品であると言えます。

好きだった子が転校してしまい、何か始まる前に離れてしまったことで、ずっと彼女の事を忘れられずにいる。

つまり、男が初恋を引きずる話なんですね!

文字に起こしてしまえば、どうってことないありきたりなものに思えるかもしれないですが、男としては共感出来る部分も多く、何度見ても涙なくしては見れません。

更にエンディングでの「One more time~」が最高過ぎて震えがくるほどなんです!

見終わったあと、辛い気持ちにもなるし、切なくて苦しくもなるんですが、鬱になるというよりそれでも再び見たくなる傑作です。

まとめ:切なくて悲しくて、でもそれがリアルなんだと思うとまた辛くなる。それが初恋なんですかね。

最後に

これは男性目線の作品だと思うんですが、女性が見ると又違った印象なんですかね?

男はいつになっても初恋を引きずるとか、想い出を美化するとかいいますけど、女性からすると過去は過去って切り替えるものなんでしょうか?

そうだとすると、完全に男にしか面白さがわからない作品ということになります。

ラストに爆泣きしてしまうのは男だけなのかもしれません・・・。

 

→秒速5センチメートルの動画を安心安全無料で視聴する方法!

 

スポンサーリンク