アニキに恋して【台湾ドラマ】感想・キャスト・あらすじ!メーガンライ男装必見!




 

バロン・チェン×メーガン・ライ共演で贈る、男装女子とイケメンたちが巻き起こす少女漫画的なラブロマンス!

キャスト、あらすじ、感想、みどころをまとめました。

(トップ画像https://f4.tv/anikoi/cast.htmlより)

 

スポンサーリンク

 

アニキに恋して キャスト

英題:Bromance

全30話

U-NEXT全30話

放送年度2015年10月から台湾で放送

監督:チェン・ロンフイ

本作は、台湾で初回放送から最終話まで視聴率No.1を記録し続けた人気ドラマ!

監督は、人気俳優ラン・ジェンロンさん主演のドラマ『僕らのメヌエット』や、アメリカやヨーロッパでも放送され高い評価を得た『幸せが聞こえる』などを手掛けたチェン・ロンフイさんです。

【ドゥー・ズーフォン役】バロン・チェン
主人公のバロン・チェンさんは、台湾ドラマ史上最高視聴率を記録したドラマ『ハートに命中!100%』のディラン役で知られ、武侠ドラマや中国ドラマなどにも出演する人気俳優です。

【ピー・ヤーヌオ/ヤーチー役】メーガン・ライ
そして、もう一人の主人公でありヒロインでもあるメーガン・ライさんは、日本でも大人気となった『流星花園Ⅱ』や『戦神~MARS~』などをはじめ、出演作の多くが日本でも紹介されているため台湾女優の中でも高い知名度を誇ります。

その演技力も高く評価され、歌手としても活動されています。

【ウェイ・チンヤン役】Bii(ビー・シュージン)
Biiことビー・シュージンさんは、2010年にてデビューした人気の歌手で、俳優をはじめMCやモデルとしても活躍されています。

本作のオープニングテーマ曲「心時代」も他のアーティストと共に歌っていますので注目です。

【チュー・ジャールイ役】ショーン・ヤオ
ヒロインの幼馴染み役のショーン・ヤオさんも、人気ドラマ『イタズラなKiss』や『恋する、おひとり様』などに出演しているなど、日本でも馴染み深い俳優さんが多く出演している作品となっています!

【ヤン・ナナ役】ケイティ・チェン
そんな出演陣の中でも注目なのが、”台湾の北川景子”とも呼ばれるケイティ・チェンさんです!

ヒロインのメーガン・ライさんと比べるとかなり小柄なんですが、顔や眼力が本当に北川景子さんソックリで存在感抜群なんです。

 

スポンサーリンク

 

アニキに恋して あらすじ

ピー・ヤーヌオ(メーガンライ)は生まれてすぐに占い師に「26歳になるまで男として生きなければ早死にしてしまう」と言われた為、これまでの25年間を男装し、武術を身につけ男らしく過ごしてきました。

そんなヤーヌオは、あと数ヵ月でやっと女性に戻れるという時に、ヤクザの後継者で遊園地の社長でもあるドゥー・ズーフォン(バロンチェン)と出会います。

その出会いは、ズーフォンが何者かに襲われているところをヤーヌオが手助けに入ったというもので、その後ヤーヌオの妹であるズーハンの危機も救ったことで二人から慕われることとなったのです。

その事からズーフォンと義兄弟の契りを結んだヤーヌオでしたが、以来ズーハンからは積極的アプローチをされ、ズーフォンとも男同士の友情以上の感情が芽生えていき・・・。

産まれた時から26歳になるまでの間、女であることを隠して男として生きていたヒロインでしたが、イケメン御曹司の危機を救ったことでまさかの義兄弟に!?

 

スポンサーリンク

アニキに恋して みどころ

本作の一番のみどころは、一人二役を演じているメーガン・ライさんの演技につきます!

173センチという高身長のメーガンさんは、男装の時はスッピン(もしくはスッピン風?)で中性的な男性といっても疑う余地がない程の出来で、高い武術の腕前も披露してくれています。

そんなメーガンさんは時折女装(本来の姿)する場面も見せ、男装時とのギャップもあってその変貌に驚かされます!

そんな主人公?ヒロイン?の周りには、自らの置かれた環境や父親の失踪に悩むズーフォンや、病気のナナを心配するチンヤン、ヤーヌオの秘密を知る幼馴染みのジャールイなどイケメンたちが集まって来ます。

更には、命を救ったことでズーハンに一目惚れされてしまったり、何かとはた迷惑な従姉妹のシャオチンに、謎多き少女ナナなど美女たちからも慕われています。

ドラマの軸としては、男装女子を隠しながらもズーフォンに惹かれていく様を描き、そして男性であるはずのヤーヌオのことが何かと気になってしまうズーフォンの複雑な心境なども描き、全体的にハートフルでコミカルな作品となっています。

果たしてヤーヌオは、誕生日までの数ヶ月を女子とバレずに無事に乗り切ることが出来るのか、そしてズーフォンに惹かれてしまう気持ちを抑えることが出来るのか、更にはヤクザの後継者の座を狙う者たちの企みを阻止することが出来るのか、などが平行して展開されます。

ロマンスあり、ブロマンスあり、家族ドラマにアクションもあるなど、みどころ盛り沢山の作品となっています!

スポンサーリンク

 

アニキに恋して 感想と評価・評判

日本や韓国でも人気の”男装もの”ですが、その多くは小柄でキュートな女優さんが演じることが多い中で、本作ではモデル体型で美人タイプのメーガン・ライさんが演じているのが新鮮でした!

実年齢が30代後半なのに、役柄の25歳でも全く違和感ないのもスゴいですし、男装の時は他の作品とは違い男性としての完成度が高く、それをほぼスッピンで演じているというのが驚きですね。

男子校にヒロインが男装して潜入したり、韓国時代劇などで女性ということを隠して過ごしていたりする作品だと、どう見ても女性だと分かるだろ!というものが多く、それを楽しむ作品であるとはいえどうも気になってしまうのですが、そういう点から見るとやはりメーガン・ライさんの男装は完成度が高いですね。

ただ、国民性(?)の違いがあるとはいえ、やはり生まれて26年間男として生きなければならないという設定は意味不明で、そういう無茶な設定がありながらストーリーはいたって王道というのはどうも違和感がありました。

最初の頃は、見事な男装に感心させられたり、体当たりの格闘シーンも流石だと思ったんですが、ヤーヌオとズーフォンがお互いを意識するようになってからは、明らかにヤーヌオが女っぽくなってきたりと早い段階で正体がばれそうなんです。

美男美女がたくさん登場し、何組かの恋愛模様が描かれ、コミカルさや家族ドラマとしての温かさなどもあり、そしてBL好きに喜ばれそうな展開や設定も盛り沢山なんですが、やはり30話というのは長く、残念ながらも早々に飽きてしまいました!

ズーフォンの父親のエピソードや、ナナとチンヤン、グァンチャオとズーハンの恋愛など気になるところも多いのですが、基本は女だとばれないようにしながらズーフォンに恋するヤーヌオと、男のヤーヌオに惹かれてしまい自分はゲイなのかと悩むズーフォンの話がメインであり、途中で女性の姿のヤーヌオを双子の妹ヤーチンとして登場させてもその瞬間だけのもので、どこかで見たような少女漫画的な展開にイマイチ盛り上がることは出来ませんでした。

そもそも、このドラマ自体が完全に女性向きの作品だと思うので、男の私には向いてない作品だったのかもしれませんね。。。

まとめ:BL作品好き必見!?

美男美女がたくさん登場するラブコメドラマです!

メーガン・ライさんの男装はお見事ですが、早い段階からズーフォンとヤーヌオが惹かれ合うため、その後の展開が盛り上がりに欠けていたように感じました。

ただ、女性目線だと意見がかなり変わってくるかもしれませんね!

最後に

人の好みもありますが、やはり台湾ドラマのイケメン・美女レベルは高いですね!

個人的にはナナ役のケイティ・チェンさんは小柄ながらも相当な美人さんで、日本でも人気が出ること間違いなしだと思いました。

ただ、作品的には本作をはじめ多くの作品が少女漫画を実写化しただけのようなものが多く、それが好きな人ならドンピシャなんでしょうが個人的にはもっとクセが強くてもいいかなと思います。

 

→アニキに恋してはU-NEXTで見放題配信中

 

スポンサーリンク